スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリコ出目金稚魚プラ舟換水

キャリコ出目金稚魚の換水を行いました。

こちらも活発に動くようになってから確認できましたが、かなりの量の稚魚がいます。

孵化後1ヶ月ぐらい、尾が開いているのがわかる程度に成長すれば、一度目の選別を実施しようと思っています。

黒、キャリコ共に出目金稚魚はかなりの多いので、もう少し早めにした方がいいかもしれませんが。

稚魚の数は成長にかなりの影響を与えるようですからね。

東錦稚魚生後2週間経過

東錦の稚魚が孵化してからちょうど2週間が経過しました。

もともとの産卵数が少なかったこともあり、現在の生存している稚魚は8匹です。

しかし、みんな元気に順調に大きく成長しつつあります。

ちょっと驚いたのは、もうすでにキャリコ柄のような模様が出始めていること。

もちろん色はまだはっきりと出ていませんが、よく見ると体色がまだらになっているのがわかります。

これがどんな柄になるのか、楽しみでなりません。

できれば赤が少なめで、しっかりした浅葱色のいい東錦に成長してくれたらなと思いますね。

孵化後初めての換水

屋外の黒出目金稚魚のプラ舟の換水を実施しました。

かなりの量の稚魚がいますので、吸い込まないようにちょっと工夫してみました。

100円均一でソフトビニール製の円形のかごと、それが入る大きめの目の細かい洗濯ネットを購入。

洗濯ネットはでかでかと「ランジェリー用」と書かれていましたので、レジで恥ずかしかったですね(苦笑)

かごをネットに入れて、稚魚を下敷きにしないようにゆっくりとプラ舟に沈めます。

そして、そのかごにポンプを突っ込んで水を排出。

これにより稚魚を吸い込みなどを防ぐことができます。

水を入れる際もこのかごに注いでいけば、水流が抑えられて稚魚への影響が軽減できました。

ちょっとネットが大きすぎる気もしますが、いい感じです。

稚魚が活動開始

本日朝より、黒出目金の稚魚が完全に壁や産卵巣から離れ泳ぎだしました。

そのため、隠れ家になっていた産卵巣を取り出しました。

ブラインシュリンプを与えたら、けっこう食いついているようです。

今のところ順調ですが、かなりの量いますね。

ブラインシュリンプの生存時間

金魚の稚魚を大きくするために重要な役割を果たすのがブラインシュリンプ。

休眠卵から沸かして生き餌として稚魚に与えるわけですが、与えたブラインシュリンプはどれぐらい生きているのか確認しました。

朝7時ごろに沸かしが完了し稚魚のプラ舟に投入したブラインシュリンプ。

夕方16時頃に確認した時にはかなりの量がまだ泳いでいました(稚魚が食べていないという問題はさておき(汗))

その後20時頃にも確認。

ごく少量ではありますが、まだ泳いでいるのを確認できました。

これが最終で、翌日の6時ではもう生存しているブラインシュリンプは存在しませんでした。

ということで、ほんとうにざっくりではありますが、朝与えたブラインシュリンプは、その日の夜までは生きているということが言えるようです。

参考にしていただければ幸いです。
プロフィール

ゴルフィ

Author:ゴルフィ
性別:男性
職業:ケアマネジャー
趣味:金魚飼育、アコギ、野球

金魚飼育歴3年とちょっと。
自宅でも職場でも水槽に囲まれて生活しています。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2拍手ランキング
ゆかいな仲間たち

平成24年12月15日購入
更紗琉金

平成24年12月15日購入
琉金
検索フォーム
ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。