スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しく金魚を購入した時は

金魚は導入して最初の1週間が分かれ目となります。

1週間以内に亡くなってしまうようであれば、飼育の仕方どうこうよりも、環境の変化などに起因していると考えられます。

しかし、1週間以上元気で過ごしているようであれば、あとは飼育の仕方に左右されます。

金魚を新しく購入した場合は、次のような対応が必要です。

①すでにいる金魚とは、なるべく別の水槽やバケツに入れ、1週間ほど様子を見る。
養魚場から卸問屋、そして小売店に辿りつき、やっと私たちの元にくるわけですので、金魚はかなり大きな環境の変化に何度もさらされています。その間に体調を崩し、病気になっている可能性も十分考えられます。
万が一病気にかかっていると、すでにいる金魚にうつしてしまうことになりますので、病気かそうでないか、別のところで飼育して確認する必要があるのです。
1週間もすれば病気の潜伏期間も終わりますので、元気であれば晴れて本水槽に移動することができます。

②餌は3日から1週間やらない。
前項で書いたように、金魚は環境の変化により体力低下を起こしている場合があります。食事は消化などに体力を使いますから、疲れているところに餌を与えると、病気の原因になるのです。
金魚は1ヶ月ほど餌をやらなくても生きていけますから、やらなくても問題はありません。
つい、餌を与えたくなってしまいますが、忍の一字で絶対にあげないでください。

③塩を0.5%の濃度になるように入れて、塩水浴を実施する。
人間で言うところの、「あったかくして早く寝なさい」的な環境作りです。
0.5%の塩水は、金魚にとって負担の少ない環境なのです。
負担を減らして体力を回復させ、正式に仲間入りしてもらえるようにしなければなりません。

水槽設置場所
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴルフィ

Author:ゴルフィ
性別:男性
職業:ケアマネジャー
趣味:金魚飼育、アコギ、野球

金魚飼育歴3年とちょっと。
自宅でも職場でも水槽に囲まれて生活しています。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2拍手ランキング
ゆかいな仲間たち

平成24年12月15日購入
更紗琉金

平成24年12月15日購入
琉金
検索フォーム
ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。